--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12,000円 1時間30分

2016年07月16日 20:51




ブルーテールモニターの背中〔もしかして火傷じゃね?〕と思ったので、爬虫類も診てくれる動物病院に行ってきました。

診察の結果〔極軽度の火傷〕だそうです。




極軽度ということで薬の処方は無く、ネクトンレップを使用してしっかりと栄養を摂れば治るそうです。
背中の黒ずみに関しては戻るかどうかは分からないとのこと。

ついでにレントゲンも撮ってもらいましたが、臓器や骨に問題は無し。
それとやっぱりそこまで強い紫外線はいらなくて、今の飼育環境で大丈夫と言われました。

ちなみに性別は多分メス。
理由を聞いたら〔オスなら小さい時から鼠径部分がもうちょいゴツゴツしてる。だから恐らくメス。〕だそうです。
イグアナじゃなくても判るもんなのか?
向こうも多分と言ってたので多分程度に考えておきましょう。


とりあえず心配事が無くなって良かった。



fc2blog_20160716205121eb3.jpg

やっぱり黄色いくなっちゃった?






スポンサーサイト

白が好き

2016年07月07日 21:56



ブルーテールの飼育環境は結局こう落ち着きました。
紫外線はレプティサン5.0。バスキングスポットにはマイクロサンを使用しています。
床材は自分の中で定番の熟成パインバークです。





謎のセグロ化の原因は、やっぱりソラーレの強すぎる紫外線かな~と思いまして。
森林性なら自然化でもそこまで強い紫外線は当たらないはずです。
天敵が多いベビーサイズなら尚更で、隙を見て木漏れ日に当たるくらいなんじゃないかと予想してみます。







なにより最近黄色が出始めたんですよね。
できれば色白のまま育って欲しいんだけどなー。



ソレーレうを使うにしてももうちょい成長してから。
様子みながら使っていきましょう。

セグロじゃない

2016年06月27日 22:32



ちゃくちゃくと大きくなっているブルーテールモニター。




脱皮中っていうのもあるんだろうけど、何か背中が黒ずんできた気がする。
もしかしてソレーレの紫外線が強すぎる?でもそんなことあるのか?

それとも脱皮が終れば綺麗に戻る?

平日は触れあえない

2016年05月29日 21:34



ブルーテールの環境も変更しました。
平日は基本置き餌です。さらに帰ったら水入れで寝ているので碌に触れ合えません。
そのせいか昨日触ろうとしたら思いっきり威嚇されてこれはイカンと言う事でよりシンプルになりました。




前回の環境だと結構流木の裏なんかに隠れられたんですよね。
そこで今回は完全に視線から逃れられる場所をなくしました。
ちゃんと紫外線よけの日影は作ってあります。




慣れろ~。


オルリオオトカゲって言いにくい

2016年05月16日 22:35



ブルーテールモニターのケージはこうなりました。





床材は納豆菌で有名なバイオジオマットをタップリと湿らせて敷いています。
本当は目の細かい系の床材は、カスがそこいらじゅうに引っ付いて好きじゃないんですよね。

ただベビーサイズなんでそこまで滅茶苦茶にはしないだろうし、肌も弱いんでしっかりと保湿できて分解能力に優れた床材
にしたかったのでバイオジオマットを使用しました。

ちょうど余っていたし。




そしてジャングルヴァインを追加。
立体活動が巧みなことで。



今日もピンセットからデュビアを食べました。
コイツならしっかり触ればベタ馴れも可能かな。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。