--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ッエーイ☆

2012年12月23日 23:24

ラッキーデイなどとほざきつつ、病気かましてうなされるなどとアホなことしておりました。
皆さんも生物触った後はキチンと手を洗いましょう!
さもなきゃ腹痛と下痢でそれはそれは酷い目にあっちまうぜぃ!

画像 716

ブルドックアリ!
パラポネラと並びハリアリ最大種の1種類です。
今年の入手は諦めていたのですがなんと手に入れることができました!
赤い体色にスレンダーな体、パラポネラとは違った魅力の持ち主です。

画像 715 画像 712
生息地はオーストラリア、パラポネラと同じで体長は3cm程になりかなり強い毒も持っています。
生息地の関係からパラポネラよりも低温に耐性があります。

画像 714 画像 713

まさか今年中に〔パラポネラ・アピカリスオオハリアリ・ブルドックアリ〕の3種を手に入れられるとは思ってもいませんでした。
アピカリスは楽観視できる状況じゃないんですけどねー。

これで残りは幻の〔ディノポネラ〕だけになりました。
ディノポネラ。パラポネラを超える怪物。いつか手に入れたいもんですね。

スポンサーサイト

孵ったぁ・・・あれ?

2012年12月13日 23:14

画像 710
し、死んでる。

何故?繭が2個とも失敗するとは。


ギロチン

2012年12月06日 22:25

画像 707 画像 705

何故だか繭がはがされてました。
前回に比べるとかなり早い。

画像 709
!?
首がもげてる、

エサが足りなかったのか?
折角ここまで育ったのに残念。

最適な環境とは?

2012年12月01日 23:04

アピカリスがまた1匹落ちてしまい、残りが4匹になってしまった。
不幸中の幸いなのは女王が存命中だということだが、決して楽観視できる状況では無い。
昨日の卵食と何か関係はあるのだろか?
やっぱり何かしらのストレス?それともエサの食べ残しからガスでも発生した?


画像 708
実は5ヶ月程前から〔クワガタアリ〕を飼育している。
クワガタアリは前に2回飼育に失敗している。
しかし今回は順調に飼育できてる。
前回2回は立体的な巣を使用していたが、今回はこの平面的な巣を使用している。
これが前回 〔もしかしたら平面な巣の方が良いのかもしれない〕 といった理由である。

学名〔Pachycondyla apicalis〕で検索したところ、非常によく繁栄させてる海外のサイトを発見した。
そこで使用されていたのはアリの巣を模したような複雑な形のものではなく、横並びになった簡単な形の巣。
それを自然を模したケージに入れて飼育されていた。
それとミールワームがエサとして与えられていた。
もしかしたら重要なポイントなのかもしれない。
餌場のアクセスのしやすさも必要なのかも。

とりあえず〔平面な巣〕、〔余裕のある大きさ〕、〔エサとしてミールワーム〕を抑えて飼育を試してみようかなと思う。

今度こそ上手くいって欲しいが、ウググ・・・


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。